イメージ画像

急ぎでプロミスの自動契約機でキャッシングする手順は、まずネットで申込んで近くのプロミス自動契約機でカードを発行しその場でキャッシングするのが最速です。

プロミスの自動契約機について

プロミス自動契約機のメリット

プロミスでは自動契約機が全国各地に設置されていて、そこからでも申し込みができます。自動契約機のメリットは、まず、誰にも合わなくてすみます。また、その場で審査があり借り入れができるかできないかスグにわかります。借り入れができる場合は、利用可能額や金利も合わせて決定されます。そして、カードもその場で発行されますので、契約後すぐにキャッシングが可能となります。なお、タッチパネルで簡単に操作ができて契約が完了するまで約30分だそうです。またインターネットでスマホやパソコンから申し込んでおき、プロミスの自動契約機でカードを受け取り、その場でキャッシングするのもOKで即日キャッシングする方法の1つです。

プロミス自動契約機に行く前に準備する書類

プロミスの自動契約機のカードローン申し込みに必要な書類は運転免許証、お持ちでない方は健康保険証、パスポートです。なお、希望の借入額が50万円を超えるときや、他社で借り入れをしている残高と合わせて100万円を超える場合は、①最新の源泉徴収票。②最新の確定申告書、③直近2カ月の給与明細書と賞与がある場合は1年分の賞与明細書のいずれかを提示することになります。

プロミスの自動契約機は土・日・祝日もOK!

プロミスの自動契約機の受付時間は朝の9時から夜の10時までです。そして土・日・祝日も申し込みが可能だそうです。一部自動契約機では営業時間が異なるので、事前に公式サイトなどで調べて余裕をもった申し込みをしていただければと思います。 また、三井住友銀行ローン自動契約機でも申し込みができることも合わせてお伝えしておきます。 最後に、プロミスの自動契約機では借り入れの申し込みだけにとどまらず、利用限度額、金利、返済日の変更やカードの再発行、暗証番号の変更ができるとのことです。 その場で借り入れができるかどうかわかるプロミスの自動契約機があることを是非頭の片隅に置いていただければと思います。

プロミスのカードローンの特徴

今、俳優や情報番組の司会として活躍中の谷原章介さんが出演している「君達、やっぱりプロミスだね!」のコマーシャルでおなじみのプロミス。プロミスが消費者金融であることはご存じですよね。現在、プロミスはサービスブランドの名称となっていて、運営をしている会社は三井住友フィナンシャルグループの完全子会社、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社となります。   特に、これから借り入れを検討したいと思っている方や借り換えてかしこく返済をしていこうとお考えのみなさまにプロミスについて説明していきます。 まず、この記事では、プロミスのカードローンの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

プロミスの特徴

プロミスは、ビジネスから普段の暮らしの中で必要になったときにバックアップできるような体制を整えているようです。 まず、取引がインターネットで完結できます。次に、web契約の場合、即日融資(当日振込)が可能です。最後に、万が一の安心サポートがあるとプロミスの公式ホームページでは説明しています。 安心サポートというのはどういうものかといいますと、プロミスにはマネーアドバイザーがいます。マネーアドバイザーが親身になって借り入れのことや返済のことまで相談に乗ってくれるとのことです。

プロミスカードローン申し込みから利用までの流れ

1.申し込み
まずは、申し込みから始まります。申し込みに必要なものについては、カードローン商品によって異なりますので後述します。 申し込みができるのは基本的に20歳以上69歳以下の安定した収入がある方ですが、パート・アルバイトによる安定収入があれば主婦や学生も申し込みが可能です。 プロミスの魅力は申し込み方法がたくさんあることです。パソコン、ケータイ、スマホ、自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、電話、店頭と7つも方法があります。またwebであれば24時間365日いつでも申し込みができるのです。

2.審査
申し込み資料から本人確認、返済能力を審査して借り入れができるかできないか判断されます。借り入れができる場合は、利用可能額や金利も合わせて決定されます。

3.契約
契約はWeb、店頭、郵送の方法があります。

4.カード発行
契約に基づきカードが発行されます。カードが手元に届けば利用可能となります。そのカードでATMから借り入れ、返済を行っていきます。

プロミスの5つのカードローン

プロミスには5つのカードローンが用意されています。まずは「フリーキャッシング」次に「レディースキャッシング」、そして「おまとめキャッシング」、「自営者カードローン」、最後に「目的ローン」です。 それでは、5つのカードローンについて個別に特徴をお伝えしていきます。

1.フリーキャッシング
大きな特徴としては、担保を提供したり保証人をお願いしたりする必要がないことです。利用限度額の範囲内であれば借り入れ・返済が自由にできます(最高500万円)。金利は4.5~17.8%で残高スライド元利定額返済方式(返済額は返済完了まで定額)です。資金の使い途は生計費(個人事業主の方は生計費及び事業費)に限られます。

2.レディースキャッシング
プロミスには女性専用ダイヤルが設けられています。女性オペレーターが借り入れや返済の相談に乗ってくれるとのことです。内容はフリーキャッシングと同じです。 フリーキャッシング及びレディースキャッシングの申し込みに必要な書類は運転免許証、お持ちでない方は健康保険証、パスポートです。なお、希望の借入額が50万円を超えるときや、他社で借り入れをしている残高と合わせて100万円を超える場合は、①最新の源泉徴収票、②最新の確定申告書、③直近2カ月の給与明細書と賞与がある場合は1年分の賞与明細書のいずれかが必要となります。

3.おまとめローン
今まで借り入れをした複数のローンを1つにまとめることで毎月の返済額が軽減されることがあり、そのために用意されたカードローンです。融資額は300万円までで、金利は6.3~17.8%です。ただし、消費者金融・クレジットカードなどのキャッシングがおまとめ対象となります。銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングなどは該当しないとのことです。 融資額も申し込みしたときの借り換え対象ローンの残高(元本)の範囲に限られますが、おまとめローンは総量規制の例外とされており年収の3分の1を超える借り入れが可能ではあります。追加融資などはなく元利定額で返済だけをしていくローンとなります。 申し込みに必要な書類は運転免許証、お持ちでない方は健康保険証、パスポートのいずれか。そして収入証明書類が必要となります。現在のお勤め先での収入について記載がある①最新の源泉徴収票、②最新の確定申告書、③最新の税額通知書・所得課税証明書、④直近2カ月の給与明細書と賞与がある場合は1年分の賞与明細書のいずれかを提示することになります。

4.自営者カードローン
自営者カードローンは20歳から65歳以下の自営業の方を対象とした最大300万円まで借り入れができるカードローンです。金利は6.3~17.8%です。このカードローンの特徴はスピード審査で早ければ当日中に融資を受けられる場合があるということです。 プロミスでは急な資金調達に余裕で臨めるように先に融資枠を確保しておくことをオススメしているようです。自営者ローンですが事業のほかプライベートの資金にも回すことができるとのことです。もちろん、利用限度額の範囲内であればATMで出し入れが自由です。 申し込みに必要な書類は、まず運転免許証、お持ちでない方は健康保険証、パスポートのいずれか。次に収入証明書類として①確定申告書②青色申告決算書または収支内訳書。最後に事業実態を証明する書類として有効期間中の営業許可証や受注書、発注書、納品書。請求書、領収書、報酬明細に類する書類(いずれも発行日が直近1年以内のもの)などが必要となります。

5.目的ローン
教育資金や結婚資金など使い途が決まっている方を対象としたローンです。最大300万円まで借り入れができ、金利は6.3~16.5%です。また、返済方式は元利均等で毎月6日に自動引き落としとなります。 プロミスは30日間無利息サービスを展開しています。 初めて利用をされる方で、メールアドレス登録とWeb明細利用をすると出金の翌日から30日間分は利息がかかりません。つまり30日以内であれば元本だけを返済すれば良いということになります。 以上、プロミスのカードローンの特徴についてお伝えしました。是非、借り入れや借り換えの参考にされてみてください。

このページの先頭へ